マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」でガレージや倉庫の掃除が楽になりました

空き家となっている実家の管理で、雑草対策の次に大変な作業として何があるのか?っと言われれば、やっぱり掃除だと思います。

室内の掃除はもちろんのこと、意外に面倒なのが外回りの掃除です。

何度綺麗に掃除をしてもしばらくすると、ガレージや倉庫の中には、ダンゴムシ、ヤスデ、ハエ、クモ、その他の小さな虫の死骸がたくさん転がってしまいます。

また、洗濯物を干す場所や室外機の下などには、落ち葉が溜まってそれらを掃除しなければなりません。

野外の掃除は、大変と言うか・・・面倒と言うか・・・何が嫌かと言えば!そう、掃除機の電源コードの長さをいちいち気にしなければならないところです。肝心なところで、後一歩コードが足りないとか・・・そもそも野外には、電源コンセントそのものがありません!

その為、毎回帰省する度に、面倒面倒と思いながらも時間をかけて掃除をしていました。

ホウキでサッサッとはいて終わらせれば良いのでしょうが・・・集めたゴミをチリトリで取ったりするよりかは、掃除機で吸い込んだ方が綺麗になるし楽しいので・・・

一応・・・以前にコードレス掃除機「マキタの18V充電式クリーナ(CL182FDZW)」を購入していたのですが、パワー不足を感じ直ぐに使うのをやめてしまいました。(ダンゴムシくらいの大きさになるとスパスパ吸い込んでくれませんでした。本来は粉じん程度のホコリがメインなのでしょうが・・・)

今回も実家のお話です。 暖かい季節になると、何かと車庫や物置の中が汚れてしまいます。その原因としては、虫の死骸が一番多いです。ダンゴムシ、...

同じシリーズで、より吸引力が強い(パワフル60W)CL280FDZWも購入を検討しましたが、60Wは微妙?野外の掃除ではゴミが直ぐにいっぱいになりそうなので候補から外しました。

そして、しばらく悩んだすえ購入した商品が、マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」です。

https://www.makita.co.jp/product/syuuzin_series/vc261dz/vc261dz.html

VC261DZの体験レビューをネット上で検索しても、参考となるレビューがまったく見つからず、実際にどの程度の仕事をこなしてくれるのか?悩んでしまい購入するまで時間がかかってしまいました。

期待したい仕事とは?

  • ガレージ・倉庫内の虫の死骸の掃除
  • 落ち葉の掃除
  • 長時間フルパワーで稼働
  • 大容量のダストボックス

この4点さえ満たせば、個人的に即買い状態でした。

商品の詳細を見る限りでは!

BL1860B×2の18Vで、パワフル95Wと説明がありました。この100W程度が実際にどの程度なのか?虫の死骸や落ち葉を吸引してくれるのか?この製品も結局は、集じんがメインなのかもしれませんが・・・

BL1860B×2本使用時でパワフルモードの稼働が40分と説明がありました。このくらい持てば十分だと思いました。

集じん容量が2Lと説明がありました。毎回紙パックを新しいものに交換すると考えれば、十分すぎる容量ですね。

いろいろと悩みましたが公式サイトの商品の詳細を確認しながら、思い切って購入することにしました。

VC261DZの値段は30,000円程度・・・失敗は許されない痛い出費になりましたが、昨年末からタバコをやめている身としては、余裕の投資です。これで、綺麗さと時間短縮が買えたと思えば安いものです。(タバコ1日2箱=1,000円が30日で約3万円ですからね。値段としてはタバコ1ヶ月分です。タバコをやめて本当に良かったと思えた瞬間でした)

VC261DZを個人的に使ってみた感想

付属バッテリー無しモデルのVC261DZを通販しているお店が少なかった印象を受けました。個人向け販売としては、あまり需要が無いのでしょうね・・・。

マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」レビュー -1-

商品が入った段ボールの箱は大きいのですが、持ってみるとあまりの軽さにビックリしました。バッテリーを取り付けていないと本体的だけでは、めちゃめちゃ軽いからだと思います。

マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」レビュー -2-

全ての付属品です。ノズルの付属品が少ないですね・・・良くある毛のついたノズルが欲しいところでした。

マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」レビュー -3-

紙パックは既にセットされており、箱から出してバッテリーを取り付ければ直ぐに使うことができました。

マキタの充電式背負クリーナ「VC261DZ」レビュー -4-

また、コード式掃除機として利用している製品は「パナソニック 業務用掃除機 MC-G3000P-S(紙パック)」です。380wという何でも吸い込んでくれる吸引力が気に入っています。大量の落ち葉なんかもガンガン吸引してくれます。ただ、電源コードがね・・・あと、長時間使っていると爆発しそうなくらい本体が熱くなります。

まとめ

一言で言えば!「最高」でした。久しぶりに良い買い物となりました。

一番気になっていた、小さな虫の死骸(ダンゴムシ、ヤスデ、ハエ、クモなど)をスパスパと綺麗に吸い込んでくれました。感じ的には、ギリギリ一歩手前くらいの吸引力かもしれませんが・・・それでも体感的には十分強い吸引力だと思います。

説明書通りフルパワーでの稼働時間も十分に長いです。バッテリー切れを意識すること無く長時間の掃除が行えました。

個人的な掃除なら、集じん容量も必要充分です。

良かったポイント!

動作音(騒音)がとても静かでした。一番強いフルパワーでもとても静かです。野外ということもあり静かに聞こえるのかもしれませんが、それでも充分に静かだと思います。このくらいの音量なら、ご近所に迷惑がかからないレベルだと思います。何気にここがポイント高いですね。

背負い式だけに、重さを全く感じませんでした。本体自体もともて軽く、バッテリーを2個つけてもまだ軽い!そして、サイズもコンパクトでした。通販サイトの写真ではそれなりに大きく感じますが、実際はとても小さいです。これで機動力も上がり、野外の掃除が楽しくなりそうです。

残念な?ポイント!

1枚2枚と単発な落ち葉だと問題なく吸引してくれますが、大量の落ち葉ではホースの中で詰まってしまいました。落ち葉の詰まりを強引に吸い上げる力は無さそうです。また、その際の詰まりを直すために、380wの掃除機で吸い上げると見事に解消されました。やはり、大量の落ち葉を掃除する場合は、380w程度の吸引力は必要そうですね。まだまだバッテリーの時代じゃ無いのかもしれません。掃除機と言えば・・・ダイソンに期待したい?!

今回の帰省では、あまり時間がなかったので、掃除前・掃除後の違いなど写真や動画を撮影しておりませんでした。次回帰省した時に、撮影したいと思います。

今回使用した商品